• 自毛植毛が向いていない人とはどんな人か

    自毛植毛は、AGAで悩む人にとって非常に画期的な改善方法とされていますが、中には自毛植毛が適していない脱毛症があることをご存知でしょうか。



    AGAの場合、5αリダクターゼ還元酵素によって男性ホルモンが強力な脱毛ホルモンであるDHTに変化してしまうことが結果的にAGAの原因となっていますが、自毛植毛が5αリダクターゼがないとされている後頭部や側頭部から健康な髪の毛を採取してそれを移植していきます。


    移植した髪の毛は、ドナードミナンスの法則に従って採取した部分の髪の毛の性質を受け継ぐため、5αリダクターゼの影響によってDHTになることがなくなるため薄毛になりにくいのです。

    しかし、同じ脱毛症でもストレスや自己免疫疾患が原因とされている円形脱毛症は、移植を行って髪の毛を生やすことができたとしてもその脱毛症を起こしている原因を改善しないことにはまた再発する恐れがありますので自毛植毛は適していないとされています。



    また、頭皮が炎症を起こすことで脂漏性皮膚炎となり脱毛症にまで発展してしまっている場合にも植毛での改善は適していないとされています。

    まずは皮膚の炎症を取り除くことが先決であり、やみくもに手術を行っても定着しないばかりは発毛することさえままならない可能性もありますので、先に脂漏性皮膚炎の治療から始めるのが望ましいと言えます。このように、脱毛症の原因にとっては自毛植毛が適していない場合もありますので、まずは自分の脱毛症がどんなものであるのかを把握しそれに適した治療法を行っていくのが良いと言えるでしょう。